桶狭間ミニバスケットボールクラブ
トップページへカレンダーお問い合わせ

2019年秋冬も大ぶりピアス・イヤリングブーム

昨年から続く〈大ぶりピアス・イヤリング〉ブームはよりその存在感を高めて、2019年秋冬も引き続きトレンドファッションとして注目を集めています。

記事一覧

「ディオール オム」からクリス・ヴァン・アッシュが去る、後任はキム・ジョーンズ

ファイル 4-1.jpg

「ディオール オム(DIOR HOMME)」のクリエイティブディレクター クリス・ヴァン・アッシュ(Kris Van Assche)が、同職を退任する。後任として、キム・ジョーンズ(Kim Jones)がレディ・トゥ・ウェアとアクセサリーコレクションのアーティスティックディレクターを務める。キム・ジョーンズによるディオール オムのファーストコレクションは6月のパリ メンズ ファッションウイークで披露される。

 クリス・ヴァン・アッシュは、1976年ベルギー生まれ。アントワープ王立芸術アカデミーを卒業後、1998年にパリに移住し、エディ・スリマン(Hedi Slimane)が手掛ける「Yves Saint Laurent」で経験を積んだ。その後、エディと共に「ディオール オム」に移籍。2007年4月にアーティスティックディレクターに抜擢され、2005年1月に立ち上げた自身の名を冠したメンズブランドと両立させていたが、2015年に自身のブランド終了を発表し、ディオール オムに専念していた。

 後任のキム・ジョーンズは、2011年から「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」のメンズウエアを指揮。ラグジュアリーにストリートの要素を取り入れたコレクションを発表するなどブランドのメンズ部門の成長を支え、昨年発売した「シュプリーム(Supreme)」とのコラボレーションコレクションは爆発的人気を博した。2018年秋冬コレクションをもってルイ・ヴィトンのアーティスティックディレクターを退任。最近では「ジーユー(GU)」とのコラボコレクションが話題を集め、3月21日に発売を控えている。

ジャケット(ベージュ )の着こなし方

ファイル 3-1.jpgファイル 3-2.jpgファイル 3-3.jpgファイル 3-4.jpgファイル 3-5.jpg

ジャケット(ベージュ )・ニットソー(黒)・デニムパンツ・トレッキングスニーカー(茶)

ベージュのジャケットに、黒色のインナー、デニムパンツ、トレッキングスニーカーでまとめたコーディネートです。Vネックニットで大人の男らしさを演出され、デートにも街歩きにも外しのない仕上がりです。 こちらでは黒色のインナーを合わせていますが、白色インナーにすると爽やかな印象に変わります。また、Vネックを襟付きのシャツに代えれば清潔感のある印象に仕上げることもできますので、気分に合わせてコーデを楽しめます。
ジャケット(ベージュ )・ニットソー(黒)・デニムパンツ(スキニ-)ブーツ・(黒)

冬に暖かく着られるボリューム感のあるアウターもベージュなら重苦しい雰囲気にならずにすみます。こちらは、ファー付きフードジャケットにデニムスキニーパンツのコーディネートです。 インナーは黒で男らしく。シューズは黒のレザー編み上げブーツで大人っぽくまとめます。ネックがしっかりとして立体感のあるジャケットはそれだけでオシャレ感を演出してくれるので、軽く羽織って出掛けられ、冬のデイリーコーデにぴったりです。
ジャケット(ベージュ )・スラックス(黒)・レースアップブーツ(黒)

ベージュカラーのシンプルなジャケットを黒のスラックスと合わせた、通勤にも使える着こなしです。このコーデでは、アウターを前締めで来ていますが上のボタンを少し開け、シャツの襟をのぞかせてもOKです。靴は黒をチョイスし、安定感を持たせます。 男らしさの中にも、ベージュの色味が優しさをプラスしてくれるので、女性からも好まれやすいコーディネートです。ビジネスシーン以外でも、キレイめスタイルで出かけたい日に打ってつけです。
着こなし提案元の詳細はコチラ

ベージュのジャケットをどんな風に着こなしていますか?【男性へアンケート調査】

元々は職場に着ていくことを前提に購入しました。職場では、週に一度、カジュアルデーというスーツを着てこないよう指示された日がありますので。ベージュのジャケットは、強く存在するアイテムではないのですが、インナーも落ち着いたものを選んでいます。ただ、パンツは、しっかりとした色合いのもの(黒や濃い緑)を合わせています。パンツまで白系統になると全体の雰囲気がぼんやりしてしまいますので。【男性 30代】

ベージュのジャケットは、浮いた感じになり易いので、着こなしが難しい色という感じがします。シャツは、薄いピンク色かスカイブルーで衿腰の高いものを選びます。もしくは、柄の薄い花柄のシャツもいい思います。だらしくなく見せるのがコツです。パンツは、下半身が浮いて見えないようにブラウン系のもので、ジャケットの素材と同じものを選びます。忘れ易いのが、ポケットチーフです。ジャケットと同色のチーフを胸に差しておくのがポイントです。

ベージュ色のジャケットは夏場はほぼ毎日着ています。冬場は寒そうな色なので着用しません。夏はボトムスを柄物とか濃い色とかにしてめりはりをつけています。ベージュは下手したら安っぽく見える色だったりするので、ジャケットですし5万以下のものは購入しません。いつも決まったブランドで買うようにしています。キクチとかですね。【男性 30代】


好感のもてる男性のベージュ色ジャケットの着こなし方は?【女性へアンケート調査】

やっぱりベージュのジャケットは、全体的に落ち着いた印象のコーディネートと相性が良いと思うんですよね。冬の時期だと、インナーにはグレーやネイビーのダークカラーのタートルネックを合わせて、パンツは脚のラインがスッキリ見えるチノパンとかを合わせてすっきり、きれいめな感じの着こなしが好きですね。靴もマロンの革靴とかで統一して欲しいですね。

ベージュのジャケットってなんだか日本人の男性にはあまりなじみのないものだと私は思っています。やはり背が高くないとなんだかぼてっと見えてしまうと思うんですよね。ですからベージュのジャケットを着る時にはできるだけスタイリッシュに、無駄のない着こなしが重要だと思います。全体的に細身に揃えてブーツで締めるなどしていると好感がもてます。
ベージュのジャケットを着るなら、鮮やかな色のアイテムを何か一つ投入してあると、垢ぬけて見えます。無難だからと白や黒と合わせている人が多いですが、ハッキリ言って地味です!オレンジやブルーのインナーを合わせると顔色が良く見えて好印象です。ピンクを上手に合わせている人はオシャレだなと思います。色モノが苦手ならせめてボーダーを!きれいめカジュアルな着こなしになりますよ。

ブロー・ス登氏は、BaselワークとSHHとの連携を呼びかけている

現在、バーゼル 国際時計ジュエリー展(Baselワーク)は、スワキグループ(SwatCH Group)、レイモンウェイ、エミー表などを正面から2019年に公開しているが、ダブリーリー総裁 テリ・ス登氏は、今後も重要な役割を果たすことを信じている
ロイター インタビューによると、テリー・ス登氏は、Baselワーワールドとは、小売業者や業界記者会見 重要なプラットフォームであると考えている。
テリー・ス登 発言は常に制表 業界 中で重要な重みと影響力を持っていて、RIC Hヴァンミールとエベア(Adanars Pguet)に従ってSHHを脱退して、2つ 展示会 管理チームはますます大きな圧力に直面する。
スイス時計工業連合会(FH) データによると、2018年9月 スイス時計 輸出額は前年比6.9 %低下し、2017年4月以来、スイス 時計輸出額が月度 減少となった。しかし、テリー・スー氏は世界的な業務を積極的に評価し、中国 高級品市場 緩和について 懸念を明らかにし、「中国大陸 需要は着実に上昇し、月により多く 腕時計を売り出すことができる」と述べました。
テリー・ス登氏はまた、ダブリーリーがブームに従っていないことを明らかにし、単一ブランド 精品店を開設したり、より直接 電子商取引モードを採用したりしていたことを明らかにした。彼は補足して、独立して全体的にネットを販売して、あるいは多すぎる自営店を開設する は危険性があまりに高いです。ダブリーリー 小売パートナーにとってはいいニュースだ。

手抜きメイクさえも華やかに見せてくれる《大ぶりピアス・イヤリング》をコーディネートの主役に

ファイル 1-1.jpgファイル 1-2.jpgファイル 1-3.jpgファイル 1-4.jpgファイル 1-5.jpg

昨年よりもずっと大胆な大ぶりサイズがトレンドの2019年、コーディネートの主役にもなってくれる大ぶりピアス・イヤリングのコーデテクニックをご紹介します。
小顔効果も得られることでおしゃれ女子たちに支持されている〈大ぶりピアス・イヤリング〉。
アクセサリーの中でも一番顔に近いことから、手抜きメイクさえも華やかに仕上げてくれるパワーを持つ大ぶりピアス・イヤリングは、2017年秋冬ファッションにも欠かせない。

シックでどこか重たくなってしまう秋冬コーデに品ある華を添えてくれる大ぶりピアス・イヤリングのコーデテクニックをチェック。

大人女子も気軽に大ぶりピアス・イヤリングにトライしてみましょう。
秋冬コーデにどう合わせる?大ぶりピアステクニック
シックで秋冬らしいブラウンは2017年秋冬、リップカラーとしてもトレンドとなるほど。
ブラウンリップはそっと深みを増し、季節感を香らせてくれます。

そんなブラウンリップを華やかに仕上げるなら、パールデザインがオススメ。
ブラウンのシックさやクラシカルなテイストはそのままに、華やかさを与えてくれます。
2017年春夏、多くの女性がGETしたであろうカボションやウッドの大ぶりピアス・イヤリング。
どこかレトロなデザインが人気を集めました。

そんなデザインの大ぶりピアス・イヤリングは、あえてカラフルなお洋服と合わせるテクニックがポイント。
派手になりそうなカラーリングも、ウッドや落ち着いたレトロな色味の大ぶりピアス・イヤリングが秋冬の季節感を漂わせる役割を果たしてくれます。
ギラギラとした印象になりそうなゴールドの大ぶりピアス・イヤリングは、2017年秋冬トレンドのテーラードジャケットと合わせて。
ハンサムでマニッシュながらも、女性らしい華やかさを忘れずに。
シンプルなお洋服にこそ、大ぶりピアス・イヤリングは映える。
周りとかぶりがちなシンプルなセーターも、大ぶりピアス・イヤリングを添えてあなただけのアイテムにアップデート。
メリハリをつけるのが難しいハイネックのセーターは、大ぶりピアス・イヤリング×メタルネックレスのコンビネーションが最高にクールで華やか。
顔周りはピアス・イヤリングで、首元はメタルネックレスで華を持たせて、ぼやっとしがちなハイネックにメリハリを。
意外と難しいカラーの大ぶりピアス・イヤリングは、お洋服とのワントーンを心がけて。
ブラックのピアスってあまり意味がないような気もするけど、ブラックのワントーンコーデに取り入れることでその存在をグッと示してくれます。
手抜きメイクというか、ほぼすっぴんメイクの日だって大ぶりピアス・イヤリングがあなたを華やかに、色っぽく仕上げてくれる。
メイクも大切だけど、少し手を抜いて大ぶりピアス・イヤリングに甘えてみるのもアリ。

コーディネートの主役にもなって、お顔まで華やかに見せてくれるなら、取り入れなきゃ損ですね。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ